男性更年期障害 睡眠

男性更年期障害による睡眠障害

睡眠障害

 

2種類の睡眠障害に分けられる!

 

男性更年期障害では睡眠障害を伴うことが多いです。

 

寝つきが悪い入眠障害と夜中に目が覚める中途覚醒、起きる予定の時刻よりはるかに早く起きる早朝覚醒に分けられます。

 

睡眠をしっかりとれないと疲れが溜まり、日中の活動に影響を及ぼします。
男性ホルモンのテストステロンは寝ている時に分泌されるので、不眠は男性更年期障害を悪化させる恐れがあります。

 

寝つきを良くしようと、お酒に頼るのは効果的ではありません。
少量の飲酒はストレスを発散できてテストステロンの減少を防ぐことができますが、飲みすぎは糖尿病や肝機能の低下につながり体に負担が大きいです。

 

晩酌にビールを1本飲むくらいに抑えます。

 

 

悩んでいる人は有酸素運動を始めてみよう!

 

睡眠障害に悩んでいる人は、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を始めると良いです。

 

運動する時間を作れない時は、駅から自宅まで歩いて帰ったりエスカレーターやエレベーターではなく階段を使ったりすれば運動不足を解消できます。

 

運動することでテストステロンの量が増えて男性更年期障害を改善できます。
また運動はストレス発散の効果もあり、仕事や人間関係でのイライラを鎮めてくれます。

 

日中を活動的に過ごせば、心地良い眠気を感じてベッドに入ることが可能です。