男性更年期障害 運動 対策

男性更年期障害の改善〜運動が対策になる

運動

 

男性ホルモンが減ってしまうとどうなるの??

 

男性更年期障害は、女性の更年期障害同様、心身に対して様々な不調が出てくることです。

 

男性の場合は、男性ホルモンの分泌量低下がその原因としては挙げられます。

 

男性ホルモンには男性性機能に対しての作用の他に、気力や活力、体力の維持、筋肉の増強や維持、精神安定に対しての作用があるとされています。
ですから男性更年期障害においては、これらに支障が発生することが多くあります。

 

 

気軽にできる対策はやはり『運動』!!

 

男性更年期障害の改善、そのための対策には様々な方法があります。
その中でも気軽にとりいれることができ、なおかつ持続しやすい方法として挙げられるのが運動です。

 

その理由ですが、ひとつは運動には、男性ホルモンの分泌量を増やす作用があることが明らかにされているためです。

 

ただし強度が高い運動や、順位を争うようなそれはストレスとなり、逆効果になる恐れもあるので、その点には注意が必要です。

 

また体を動かすと、体は疲労します。
すると寝つきが良くなり、睡眠の質もアップすると言うのも理由のひとつです。

 

男性ホルモンは睡眠中に分泌されるため、その時間が短くなったり、質が低下したりすると、
男性更年期障害も発生しやすくなる、その程度も悪化しやすくなることが考えられます。

 

このように運動は様々な面から男性更年期障害への働きかけが期待できるので、対策としてはとても良い方法です。