男性更年期障害 食事 対策

男性更年期障害を食事で改善と対策方法

食生活

 

男性更年期障害を予防するには?

 

あまり聞き慣れない男性更年期障害ですが、女性と同じように中高年になるにつれ徐々に男性ホルモンが減少し、
性的な部分のみならず、精神的にも色々な症状が出てきます。

 

では、男性更年期障害は、予防する対策はどういったものなのでしょう。

 

私たちが、毎日行なっている食事をほんの少し工夫、改善するだけで、男性更年期障害の症状を軽減させる可能性があります。

 

まず、1日3食を心がけ、就寝前の食事は控える事です。
また、カロリーの摂り過ぎに注意し、栄養バランスの摂れた食事にしましょう。

 

アルコールも適量であれば、問題はありませんが、飲み過ぎには注意しましょう。

 

薄味でゆっくりと食べる事も大切です。
食材の中でも、ホルモンを促す働きをする玉ねぎやニンニク、オクラ、シジミを接触的に摂り入れたいものです。

 

 

イライラ状態が続く場合は〇〇〇を食べるとよい!?

 

イライラや憂鬱状態が続くのであれば、カルシウムが不足している場合もありますので、牛乳や卵、肉類、魚類を食べると良いそうです。

 

他にも、軽めの運動やリフレッシュを行うよう時間を作り、ストレスを溜めない環境作りもしてみましょう。

 

まだまだ、男性更年期障害の認知度は低く、症状に気づいていても忙しいという理由から放置してしまう事が多いようです。
専門外来もありますので、早めに相談と治療を行う事で、少しずつ回復してく可能性も十分あります。